The FA Talent Identificationについて ~スカウトからテクニカルダイレクターまで~

Course: The FA Level 1 Introduction to Talent Identification

先日、『The FA Level 1 in Talent Identification』を取得しました。
この資格はスカウトの際に必要となるもので、海外ではキッズのスカウトの際にもこのような資格が求められてきます。
もっと上のレベルになるとクラブのテクニカルダイレクターや超敏腕スカウトマンとして活動する際に必要になります。

The FA TALENT IDENTIFICATION

取得の経緯としては、現地エージェントやクラブ、スカウトマンとやり取りをする上で最低限の知識を知っておきたいと思ったこと、サッカーを見るうえで、観客目線、指導者目線とは別の見方ができたら面白いなと思ったからです。
実際に受講してみると、やはり指導者だけでなくスカウトマンとして中長期的なクラブ目線に立って考えさせられる項目があり、レベル1ながら大変勉強になりました。

このFA Talent Identificationについてのお問い合わせも増えてきましたので、簡単にまとめてみました。

Talent Identificationのカテゴリー

Talent IdentificationはLevel1からはじまりLevel5までの5つにレベル分けされ、各レベルごとに学べる内容を大まかに整理すると、

Talent ID Level1:Talent IDの原則とスカウトマンになるための導入

Talent ID Level2:Talent IDを管理する規則・規制を学びながら、Talent ID全体とスカウトの役割をより深く理解する

Talent ID Level3:様々なスカウト戦略を学び、スカウトの過程を管理する方法を見出す

Talent ID Level4:優秀なTalent IDやスカウト部門を率いるスキルや方法を学ぶ

Talent ID Level5:テクニカルダイレクターとして必要なスキルを見出し発展させる

スカウトマンとしての導入から始まりクラブのフロント、経営側としての知識を学んでいきます。


受講するとこのような証明書がもらえます↑

Talent Identification Level 1の内容

Talent ID Level1はオンラインモジュールで受講します。もちろん全て英語です。
6つのモジュールに分けられており、モジュールごとのテーマに沿って学んでいきます。
基本は一つずつ文章を読んで進めていく流れになりますが、クイズ形式や動画視聴形式もあり、中には自分の意見を文章にして送信するなど、バラエティに富んでおり楽しく学ぶ事ができます。
その分、英語が苦手な方にはかなりハードルが高いかもしれません。
ネイティブの方は120分で完結するそうですが、留学経験のある筆者でも5時間ほどかかってしまいました。

いくつかの項目の中でもメインとなる部分は、「The FA 4 Corner Model」という選手のプレーを
・Technical / Tactical
・Psychological
・Physical
・Social
の4つの要因から判断する内容だと思います。
これはFA指導者ライセンスのコースにも精通しています。

海外志向の指導者や海外系サッカーキャンプなどが増えた事により、指導方法・指導観点も変わってきましたが、まだまだ小学生年代ですと上記4項目すべてを意識した指導はなかなか見られません。
4つの要因の内、Physical(フィジカル)においては、最近はメッシ選手や久保選手のような体の小さな選手の活躍もあり、少しずつ注目を浴びているような気がします。

コースの中にも出てきますが、メッシ、イニエスタ、グリーズマン、リヤド・マフレズ、カンテ、アレクシス・サンチェスは特別な選手ですが、必ずしも少年時代から体格に恵まれていた訳ではありません。
当時のスカウトマンは彼らの何を判断しどうなる事を目的にスカウトしたのか
次なる彼らを発掘するために必要な基礎項目を存分に学べます。

Talent Identification Level 2 の受講には

Talent Identification Level 2からはイングランド国内での受講となります。受講するためには、
・Talent Identification Level 1
・FA Safeguarding Children Workshop
が必要となります。
つまり先述のレベル1とは別に、「FA Safeguarding Children Workshop」の受講を完了していなければいけません。
Safeguarding Children Workshopもイングランドでの受講となるので渡英は必須です。また資格保有期間は3年間となり更新が必要となります。
実は「FA Level 1 in Coaching Football(FA指導者ライセンス)」のコースの中に、このSafeguarding Children Workshopが入っていますので、すでにお持ちの方で、Talent ID Level 1を持たれていれば、Talent ID Level 2を受講する事ができます。

レベル2以降の講義風景を、弊社Twitterを元に少しだけ紹介します。

レベル2以降は主にワークショップ型、ディベート型の講習になります。

まとめ

筆者も小さい頃に言われ続けた、「体が小さいから。。」は何の根拠もない言葉である事が改めて分かりました。スカウトマンを目指す人だけでなく、今の日本の指導者にも知って欲しい。できることなら受講してみて欲しい。と思いまとめてみました。

指導者を目指している方もTalent IDに注目して欲しいと思います。
Talent IDを受講する事により、スカウト目線、クラブフロント目線、中長期目線を持つことできるようになります。このような目線から指導する事により、指導者としての考えの幅も広がります。
今いるメンバーでは勝てないと思っている指導者も、考え方を変えるだけで目の前の試合への取り組み方や長期的に見た育成方法に対してこれまでとは違うアプローチができるかもしれません。

また、海外の指導者資格を取得しに行くサッカー留学生は年々増え続けており、それだけで箔が付く時代では無くなってきています。そんな中でもまわりと差をつけるためには、+αの要素が必要になってきます。別角度のスカウト目線でも指導ができる事はクラブとしては貴重な人材となり得ます。しかもそれを資格として取れるこのコース。
FA Talent Identificationは今後、日本でも注目されてくると思います。

 

「The FA Talent Identification」や「FA指導者ライセンス」に興味ある方は

または、【info@isa-uk.jp】までご連絡ください。