大学留学とサッカー留学 ~文武両道でイギリス留学に挑戦~

Chikara Masutani
Liverpool John Moores University(リヴァプール・ジョン・ムーア大学) 在学
Billinge FC 所属
Twitter:https://twitter.com/CMasutani
Instagram:Instagram.com/chikaramasutani

イギリスのリヴァプールで文武両道のサッカー人として挑戦する日本人大学生がいる。

チカラ君と初めて会ったのは2019年の5月。高校を卒業したばかりで、9月からイギリスの大学留学を計画をしていた。

今回は彼のイギリス留学生活をインタビューを交えて紹介していきます。

Liverpool John Moores University

2019年9月からの1年間はファウンデーションコース『Life Sciences』に通い、
2020年9月からは大学の『Science and Football(フットボール科学)』を専攻。

※リヴァプール・ジョン・ムーア大学についてはコチラ
清水エスパルスの通訳をされたリヴァプール・ジョン・ムーア大学卒業者インタビューはコチラ

リヴァプール・ジョン・ムーア大学進学の決め手

坂井
なぜ日本の大学ではなく、イギリスの大学を選んだの?
チカラ
日本の大学に進むために大学受験をしましたが、魅力を感じたところが一つしかなく、そこに行けなかったので軌道修正したというのが事実です。

日本の志望校に現役で受からなかったことが結果的にイギリスの大学進学に繋がったので、自分の決断を尊重しサポートしてくれている両親初め全ての人に感謝です。

結果論ではありますが、これまでの人生で1番いい方向に転んだ決断であり、
今後もイギリスの大学に進んだこの決断の価値を高めていけるように行動したいです。

 

坂井
留学は少なからずお金がかかるから、行ける事に感謝しないといけないよね。
どうしてイギリスの大学、その中でもリヴァプール・ジョン・ムーア大学に決めたの?

 

チカラ
イギリスを選んだ理由は英語圏、サッカー熱が強い、自分がしたい勉強を学ぶコースがある、大学や大学生のレベルが高い、経済的に日本と同じくらいの先進国という条件全てを満たしていて、振り返ってみるとイギリスのデメリットは完全に0です。

リヴァプール・ジョン・ムーア大学に決めたのは、まず、知り合いの先輩が在学していたことが大きいです。
話を聞かせていただき、行きたい!と思った上に、日本のどこの大学よりも充実した環境だろうとすぐに確信しました。

Science and Footballコースが有名なのは前から知っていたし上記の条件を外す要素がなかったこともリヴァプール・ジョン・ムーア大学を選んだ理由です。

 

坂井
早い段階で先輩から情報収集してたんだね。弊社にも問い合わせくれてたし行動スピード速いよね!

それでは、留学1年目のLife Scienceコースではどのようなことを学んだか教えてください。

ファウンデーションコースの1年間

チカラ
今年度の9月から学ぶ内容の基礎がメインで、生物や化学の基本的な知識、レポートの書き方、文献を読むときや授業を予習復習するときに必要な英語のスキルを勉強しました。

レポートなどは生物、化学の内容のものもあれば、英語のクラスではフリーテーマで書くものもありました。

プレゼンやディスカッションの練習を授業中に何度も行う機会があり英語のベースを作るという目的が大きかったと思います。

 

坂井
ディスカッションとか最初は大変だよね。ファウンデーションコースの最初の頃はなかなか聞き取れない事も多かったと思うけど、だいたい何か月ぐらいで授業の内容が分かるようになった?

 

チカラ
9月から授業があり、内容が深く理解できるようになったのは12月初めくらいだったと思います。

最初の方はグループワークなどでも意見を言うことがほとんど出来ず、授業が終わった後に内容について先生やクラスメイトにマンツーマンで見てもらい意見を交わすということがほとんどでした。

リスニングのスキルが伸びてからは授業の理解もかなり深まり、自主学習の質も飛躍的に上がりました。

グループワークやプレゼンでも自信を持って話せるようになったのも12月くらいからだと思います。

 

坂井
結構早かったね!3ヶ月でそこまでいけるのは凄いと思う!

Twitterを見て、かなりストイックに英語の勉強をしてるなと思ってたんだけど、英語の習得に関して特に気を付けていた事はある?

 

チカラ
とりあえず人の数倍の傾きの成長曲線でレベルアップしていくことを目標にしています。

これに関しては、とりあえず周りがやってないくらい話しかける、質問する、”イギリス人による英語”に触れる機会をつくる、インプットしたものを積極的にアウトプットすることを意識しています。

友達を作ること、話しかけることに関してはサッカーや日本人であるというツールもあるので何も問題ないです…

性格上の強みかもしれないと思っています。

 

坂井
本当にストイックだね。
最初の頃は気合い入れて勉強してても、なかなか続けられずに途中でやめちゃう学生さんが多いんだけど、チカラ君は継続力もあるから飛躍的に語学力が伸びたんだろうね。

英語勉強法

生の英語に触れる機会を増やす事を心掛けている彼だが、学校がないオフの時でも語学習得の努力を惜しまない。

#毎日英文チャレンジ

卒業後もできる限りイギリスでサッカー関連の仕事に就きたいと考えているチカラ君は語学習得にひたむきに向き合っている。毎日Twitterで英文とその日本語説明を投稿している。
そのストイックさは本物で、どれだけ忙しい時も、コロナウイルスの影響で日本に帰国している時も欠かさず投稿している。

【記念すべき初投稿】

この元旦の投稿から222日間休むことなく投稿を続けている。学校に行く前に早起きして作成しているそう。

リスニング強化

わずか3ヶ月で英語を聞き取れるようになったというチカラ君は、リスニング強化として、
お気に入りの映画を英語音声、英語字幕で鑑賞し、セリフを3つ以上ピックアップ。

NHKラジオ英会話、BBCの教材、TEDなどを使ったリスニングトレーニング中に分からない単語が出てきたらすぐに英語で調べて、意味を英語でノートに書き溜める。
という勉強法をしているそう。

Billinge Football Club

大学の授業と英語の勉強とかなり忙しそうな彼だが、さらに地元のクラブにも所属している。

所属クラブは、イングランド北部のBillinge FC
7部のCheshire Association Football League所属 プレミアリーグから数えると11部相当

坂井
学業だけでなく、リヴァプールの地元クラブにも所属してるけど、Billinge FCに入団した経緯を聞かせて。

 

チカラ
自分が出れるか出れないかくらいの強度のチームを探していて、クラスメイトとフットサルの大会に出場した時に、上手い人に拙い英語で「チームを探しているから紹介してほしい」と声をかけまくっていました。
偶然Billinge FCのキャプテンをやっている人に「コーチに聞いてみる」と言ってもらえて練習参加が始まりました。

他にも何チームか練習参加させてもらっていましたが、その中でも1番組織がしっかりしているBillinge FCで続けることを選びました。

3週間くらい練習参加した後、この練習試合で「入団させるかを決める!」と言われて、結局同じタイミングで3人がチームに入団した感じです。

 

坂井
ここでも持ち前の行動力が活きたんだね!しっかりとトライアル(練習参加)で結果を残して入団を決めたワケだけど、実際にプレーしてみてイギリスサッカーと日本サッカーの違いはあった?

 

チカラ
圧倒的に個が違うと思います。
日本の高校や大学サッカーでは、パスの回し方、動き出し、ボールと選手の動き方、パス、トラップの精度など上手くて質が高いと思うシーンが多いです。
ポゼッションなどもオーガナイズされているチームはレベルが高いと感じていました。

一方で、イギリスで試合している時は自分の方が技術面で勝っていても、なかなかうまくいかない。
守備で必要な位置にいること、攻撃で個の力で打開するアイデアやクオリティ、シュートを決めきるところ、守りきるところ、奪いきるところ、ボールをキープしきるところなど、あらゆる局面においてイギリス人は”サッカーが上手い”と感じるシーンがたくさんありました。

”技術が上手い日本”、”サッカーが上手いイギリス”というところでイギリスのサッカーのクオリティを感じました。

あとはシンプルなところでは、全員が自分の意見を言える点、監督と選手のコミュニケーション、イギリス人が日々触れているサッカーのレベルが高すぎると思います。

 

坂井
それは凄い感じるね。何で抜けないんだ?奪えないんだ?っていう場面が何度も起きるし、シュートだけは平均してみんな上手かったりするしね。

言いたい事を言える環境があるからこそコミュニケーション総量が日本とは全然違うね。特に年上の選手や監督、コーチ陣との会話が圧倒的に違う気がする。

新シーズンはより高いレベルでプレーするため、自ら別のクラブにもコンタクトを取り、移籍を考えているとの事。

イギリス生活(サッカー観戦)

坂井
ところで、ずっと気になってたんだけど、リヴァプールとエバートンどっちファンなの?

 

チカラ
エバートンファンです。イギリスでは”サッカーが宗教”と言われているのでリバプールではなく、あえてエバートンを選択したのは勇気がいる決断でした…
エバートンの方がチケットが取れて、赤より青が好きで、好きな選手がいて、地元感のあるスタジアムが好き、というシンプルな理由です。

このイギリスにいる4年間では、とりあえず色々なスタジアムに行ってみたいので一つのチームに固執せずそれぞれのチームの個性や熱を味わいたいです。

【エバートンサポーターのチカラ君】

坂井
エバートンサポーターか、、ライバルだね。(笑)
そうだね。せっかく4年も滞在できるんだから1つのクラブに固執せず様々なカテゴリーの各年代のいろんなクラブの試合を観て欲しいと思います!

最後に

海外留学はするだけでも貴重な経験になる事は間違いありません。しかし早い段階で語学を習得できれば、1回の会話で聞き取れる内容も違えば、その先の会話を派生させることも可能です。また、学校の外の世界との繋がりをもつことで、学べる可能性がうんと広がります。留学中の行動をいかに広げるかで吸収力は大きく変わってきます。
同じところに同じ期間留学しても人によって経験値は全然違います。
何よりも最初に英語の習得に力を入れたチカラ君がこの先の3年間で得られるものはとても大きいと思います。

【1日のスケジュール例】

 


大学・大学院留学にご興味ある方は、

または、【info@isa-uk.jp】までご連絡ください。