サッカー以外も楽しめるドイツ観光 ~デュッセルドルフ・アーヘン~

今回は私が現在生活しているDüsseldorf(デュッセルドルフ)と所属チームのあるAachen(アーヘン)という街について紹介します。
※『デュッセルドルフの生活』と『アーヘンのサッカーチーム』もご一読ください。

デュッセルドルフについて

デュッセルドルフは、NRW州(ノルトライン=ヴェストファーレン州)の州都。

地理的条件や国内第3位の国際空港があるなど環境が整っており、経済が発達しています。日本人の在住者も多く、また日本企業が多く進出していて、日本総領事館もあり欧州有数の日本人街として有名です。日本食のお店が多くあり、インマーマン通りという通りには特に日本食のお店が多く『リトルトウキョー』や『日本人通り』などの愛称でも親しまれています。日本食の他にも様々な国の飲食店があります。

ライン川(Rhein)

有名な観光地としてはデュッセルドルフを東と西に分ける『ライン川』があります。ドイツを縦断している全長1233kmのとても長い川です。父なるラインとよばれ、ドイツ人の心のふるさととも言われているライン川はユネスコの世界遺産にも登録されています。デュッセルドルフ駅からは徒歩20分程度で行くことができ、川沿いは歩道や緑地が整備されていて暖かく天気の良い時には川沿いが沢山の人で賑わいます。川を眺めながら食事のできる飲食店やカフェもあり、クルーズ船に乗って船旅を楽しむこともできます。散歩やランニングコースとしてもとても眺めがよく、ライン川沿いで眺める夕日は絶景です!

ベンラート城(Schloss Benrath)

他には『ベンラート城』というピンク色でとても可愛らしいお城が有名です。お城だけではなく庭園や池、自然豊かな森に囲まれています。ここで結婚式を挙げる人もいるそうです。

Altstadt(デュッセルドルフの旧市街)やKönigsallee(ケーニヒスアレー)には飲食店やバーの他にもショッピングモールや小売店が並んでおりショッピングも楽しめます。

そして、デュッセルドルフに来た時に是非飲んでみて欲しいものがAlt Bier(アルトビール)

です。Altは直訳すると『古い』という意味になりますが、醸造方法が古いという意味で『Alt Bier』という名前になっています。日本のビールは黄色のイメージが強いと思いますが、赤胴色をしていてほんのり苦く後味はスッキリしていてとても飲みやすいビールです。醸造所とお店が一緒になっていて本場のアルトビールとドイツ料理がが楽しめるお店が何店舗かあります。

アーヘンについて

アーヘンという街はデュッセルドルフと同じNRW州にあり、ドイツの西部に位置し、オランダとベルギーの国境に隣接しています。約2000もの歴史がある古都です。

アーヘン大聖堂(Aachener Dom)

アーヘンでもっとも有名なのが『アーヘン大聖堂』です。第1号の世界遺産は1978年に12件が登録されました。その12件のうちの1件であり、もちろんドイツで1番目に登録された世界遺産です。別の名を『Kaiserdom』(皇帝の大聖堂)とも呼ばれており現在も北ヨーロッパでもっとも古い大聖堂になります。

アーヘンには『カルロス・テルメン』という温泉施設があります。日本の温泉とは違い水着をきての入浴になり、温水プールのようなイメージになります。

またアーヘン中央駅から徒歩10分ほど街の中心部に円形ホールがあり、この中には『エリーゼの泉』があります。ホールの奥の壁からは、温泉が常に流れ出しています。ナトリウムやカリウム、カルシウムや鉄分などを含むミネラル温泉で、かつては飲泉用でしたが、最近は飲むのは禁止されているそうです。

アーヘン・クリスマスマーケット(Aachener Weihnachtsmarkt)

そして、ヨーロッパで有名なのがクリスマスマーケットです。アーヘンはヨーロッパの中でも人気クリスマスマーケットのランキングに常に上位に入っています。建物や街の雰囲気とイルミネーションがとても綺麗で景色を眺めながら名物のグリューンワイン(ホットワイン)やフラムラクス(シャケの燻製をパンにはさんだもの)を楽しむのは至福の時です!是非一度訪れてみて欲しいと思います。

最後に

他にもドイツのスーパーマーケットは日本では見た事のないものが沢山あり見ているだけでもワクワクします。旅行の際にスーパーマーケットでお土産を探すのはオススメです。

サッカーのグランドも沢山あり、解放されていて空いてる時間は自由に使えるところがほとんどなので、自主練習をしたりするのも人工芝のピッチやゴールが使える事はとても良いなと思います。

今回紹介したのは2つの街ですが、自然や建造物、お店などドイツにはまだまだ魅力的な場所がたくさんあるので是非訪れてみて欲しいなと思います!


ドイツ女子サッカー留学、移籍を考えられている方は、

または、【info@isa-uk.jp】までご連絡ください。