イングランド女子サッカーリーグ 2021-22シーズン

2021-22シーズンのイングランド女子1部リーグ(FA WSL)と2部リーグ(FA WC)がいよいよ開幕します。FA WSLの開幕戦は、日本時間の9月5日の22:00から全試合一斉キックオフ予定です。
開幕戦の注目カードは何といっても岩渕真奈の所属するアーセナルとチェルシーのビッグロンドンダービーです。この試合はアーセナルの本拠地、エミレーツ・スタジアムが使用されます。

今回も新シーズンに先立ち、昨シーズンの総括と新シーズンのリーグ編制をまとめました。

イングランド女子リーグ 2020-2021 シーズン 結果(FA WSL:1部)

最終順位

2020-21シーズンは、チェルシー、マンチェスター・シティの2チームが最終節までもつれ込む戦いを繰り広げ、僅か勝ち点2差でチェルシーが連覇を果たしました。また、マンチェスター・ユナイテッドの躍進もあり、CL出場圏内の3位争いも熾烈を極めました。最終的にBIG3のアーセナルが勝ち点1差でマンチェスター・ユナイテッドを上回りCL出場権を獲得しました。

※2021-22シーズンから女子チャンピオンズリーグのフォーマットが変更され、予選を含めるとイングランドからは3クラブが出場します。最大で3クラブが本戦に出場できるようになりました。
詳細はコチラ

1位[57]:チェルシー(女子チャンピオンズリーグ本戦出場)
2位[55]:マンチェスター・シティ(女子チャンピオンズリーグ予選2回戦出場)
3位[48]:アーセナル(女子チャンピオンズリーグ予選1回戦出場)
4位[47]:マンチェスター・ユナイテッド

最下位のブリストル・シティが2部のFA Women’s Championshipに降格します。

シーズン前半にはアメリカ代表のアレックス・モーガンがトッテナム・ホットスパーに加入するなど女子サッカー界に留まらず、このニュースはイングランド中で話題となりました。

イングランド女子リーグ 2021-2022 シーズン

FA WSL(イングランド女子1部)

THE BARCLAYS FA WOMEN’S SUPER LEAGUE

今シーズンも12クラブの編制となります。
レスター・シティが2部を優勝し、今年から1部に参戦します。

Arsenal Women Football Club(アーセナル)

Aston Villa Women Football Club(アストン・ヴィラ)

Birmingham City Women F.C.(バーミンガム・シティ)

Brighton & Hove Albion Women Football Club(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン)

Chelsea Football Club Women(チェルシー)

Everton Women Football Club(エヴァートン)

Leicester City Women Football Club(レスター・シティ)New 2部から昇格

Manchester City Women’s Football Club(マンチェスター・シティ)

Manchester United Women Football Club(マンチェスター・ユナイテッド)

Reading Football Club Women(レディング)

Tottenham Hotspur F.C. Women(トッテナム・ホットスパー)

West Ham United Women Football Club(ウェストハム・ユナイテッド)

FA WC(イングランド女子2部)

THE FA WOMEN’S CHAMPIONSHIP

今シーズンからチーム数が1つ増え、12チーム編成となります。
1部のFA WSLにレスター・シティが昇格し、ブリストル・シティが降格してきました。
昨年は3部への降格と3部からの昇格がありました。3部からの昇格はワトフォードとサンダーランドで、3部へはロンドン・ビーズが降格します。

Blackburn Rovers Ladies Football Club(ブラックバーン・ローヴァーズ)

Bristol City Women’s Football Club(ブリストル・シティ)New 1部から降格

Charlton Athletic Women’s Football Club(チャールトン・アスレティック)

Coventry United Ladies Football Club(コヴェントリー・ユナイテッド)

Crystal Palace F.C.(Women)(クリスタル・パレス)

Durham Women Football Club(ダーラム)

Lewes Football Club Women(ルイス)

Liverpool F.C. Women(リヴァプール)

London City Lionesses Football Club (ロンドン・シティ・ライオネセス)

Sheffield United Women Football Club(シェフィールド)

Sunderland AFC Ladies(サンダーランド)New 3部から昇格

Watford Football Club Women(ワトフォード)New 3部から昇格

FA Women’s National League(イングランド女子3・4部)

Women’s football: Fixtures and results

今シーズンから4部リーグまでの試合日程と結果が、1部リーグと同じHPで閲覧できるようになりました。
昨シーズンはこれまでなかった2部と3部の昇降格がありました。来シーズンも3部リーグから2部リーグへの昇格があると予想されますので下部リーグでも白熱した試合が見られそうです。

3部はプレミアディビジョン(Premier Division)で、南北のクラブで分けた2リーグ制です。
4部はディビジョンワン(Division One)で、4つの地域に分けた4リーグ制です。

FA Women’s National League Premier Division(イングランド女子3部)

【3部:FA Women’s National League Northern Premier Division 13チーム】

【3部:FA Women’s National League Southern Premier Division 14チーム】

ロンドン・ビーズが2部から降格し、3部の南側のリーグに入ったため、この地域はより厳しい戦いになりそうです。ロンドン近郊のクラブは南側のリーグです。

FA Women’s National League Division One(イングランド女子4部)

【4部:FA Women’s National League Division One North 12チーム】

プレミアリーグに所属するニューカッスルやリーズの女子チームは4部に所属しています。

【4部:FA Women’s National League Division One Midlands 12チーム】

Midlandsは中央部の意味でプレミアリーグのウルブズ女子チームが所属していましたが、今年から3部に昇格しました。

【4部:FA Women’s National League Division One South East 12チーム】

ロンドン近郊から東のクラブがSouth Eastに所属しています。
アクトニアンズ、AFCウィンブルドン、エンフィールド・タウンなどがロンドンのクラブです。

【4部:FA Women’s National League Division One South West 11チーム】

ボーンマスなど海沿いの地域がこのリーグに所属しています。

最後に

昨シーズンはほとんどの試合が無観客のままでしたが、2021-2022シーズンはサポーターを入れての開催を検討しています。

開幕戦でアーセナルvsチェルシーのビッグロンドンダービーが行われ、そのすぐ後には今シーズンに持ち越されたFAカップの準々決勝、アーセナルvsトッテナムのノースロンドンダービーが行われます。

アストン・ヴィラからアーセナルに移籍した岩渕真奈の活躍。初のイングランド勢3クラブのCL本戦出場なるか。マンチェスター・ユナイテッドがBIG3に割って入り、来シーズンのCL出場権を獲得するか。チェルシーはチャンピオンズリーグのリベンジを果たせるのか。FAカップ決勝の観客動員5万人超えは達成されるのか。

シーズン終了後の2022年7月には2022女子ユーロがイングランドで開催されます。この大会を最大限盛り上げるためにも、国内リーグで様々なプロモーション活動が行われる事と思います。

今シーズンもイングランド女子サッカーは見所盛りだくさんになりそうです。

イングランド女子サッカーリーグはアプリ『The FA Player』で視聴できます。
※詳細はコチラ


女子サッカー選手移籍、女子サッカー留学、練習参加を考えられている方は

または、公式LINEアカウント
モバイル:【@966xtdsg】
PC    :【https://page.line.me/966xtdsg
からメッセージください。
友だち追加