FAレベル1取得後、日本のJクラブのスクールコーチに ~LJJコーチの声~

2013年、大学生の時にイングランドに1ヶ月のサッカー留学をした上村さんは、

留学中にFAレベル1を取得し、LJJのコーチも経験されました。

現在、Jクラブで働かれる上村さんに、留学アンケートに答えて頂きました。

 

以下、上村さんのインタビューです。


氏名:上村 剛史


年齢:27


◆留学コース:FAレベル1


FAライセンスを取得しようと思われた理由:

海外のサッカーに興味があった。

学生の期間にいろんな経験をしてみたかった。

 

◆留学期間:1か月

    

◆FAライセンス取得留学はどうでしたか?(感想などなんでも聞かせてください):

非常に有意義だった。ライセンス自体は日本サッカー協会C級と差異がないが

違う文化に触れること、慣れない環境に身を置き自分で様々なことに主体的に行動しな

いといけないこと、日本語の通じない外国人にどのようにして物事を伝えるのかetc,,,

すべてがいい経験になった。

また留学に来る人たちは何かしら向上心や強い興味や関心をもって留学に来ているので

その人たちの話を聞くこと、イギリス在住の人たちの話を聞くことは今後の進路を考えるうえで

非常に参考になるとともに、真剣に将来を考えるきっかけになりました

 

◆留学後の活動状況(就職先やサッカー関連での関わり方など)を教えてください!:

福岡大学(留学時)ー 某Jクラブ ー 某Jクラブ

 

◆これからFAライセンス取得留学をされる方へ一言お願いします!:

私からするとFAライセンスを取ったからと言って今後の活動に有利になるものではありません。

しかし、他国のプログラムに触れ、文化や雰囲気に触れチャレンジすることは

今後の人生を豊かにする1つになることは確かだと思います。

 

◆LJJで担当した学年:低学年

 


◆子供たちの雰囲気はいかがでしたか?:

るくてオープンでした。

 

◆指導する上で意識していたこと:

コミュニケーションをとることと明るくふるまうことです。

 

◆LJJの魅力(何でも!)を教えてください!:

日本人でも、イギリスに住む日本人の子供の特徴と、日本に住む日本人の子供

の特徴の違いとは何か?という視点で見れるのはとても指導に役立つと思います。

たコーチも向上心があるためにその環境に身を置くことは

コーチとしての資質を気づかせてくれると思います。

 

◆LJJの子供たちの成長や性格の変化などのエピソード:

チェルシーの試合をLJJの子たちで一緒に見に行ったが、

チェルシーファンのチャントや発言を1つ1つ教えてくれました。

 

◆サッカークラブを探されてる親御さんへ一言お願いします!:

子供は身の回りの大人を見て育ちます。

サッカーの結果だけでなく、コーチの立ち振る舞いや話し方、

雰囲気も見てチームを決められたほうがいいと思います。


 

上村さん、アンケートのお時間頂きありがとうございました。

同じ日本人でも日本で育った子とイギリスで育った子では

プレースタイルや性格が違うので、指導者にとっても凄くいい勉強になると思います。

また、LJJの選手にとっても、多様多様な指導を学べるのでいい機会だと思います。

 

ロンドンでサッカーの指導をされたい方、

ロンドンで少年サッカースクールを探されている方は、下記をご参考ください。

 

サッカー指導者は、こちら

スクール検討者は、こちら