プレミアリーグのスタジアム、収容人数ランキング

ここ数年、Jリーグでは昇格できる順位(昇格プレーオフ圏内)にいながら

スタジアム基準を満たせずに上位リーグのライセンスを取得できない

というケースが生じています。

昨年ですと、町田ゼルビアがそうでしたね。

 

ルールはルール。

練りに練られたJリーグ構想があるため、文句は言えませんが

やはりすごく残念な気持ちになってしまいます。

 

昇格して注目度が上がり、観客数が増えてからスタジアムの規模が大きくなる。

観客数がキープできない状態で大きなスタジアムを管理・運営していくのは大変です。

それが妥当な考え方の気もしますが。。

 

Jリーグのスタジアム基準は、(2018年12月時点)

J1:15,000人

J2:10,000人

となっていますが、プレミアリーグにはJ1のスタジアム基準を

満たしていないチームもいくつかあります。

しかし、狭くて小さいスタジアムにはそこにしかない味わいがあります。

基本、毎試合超満員になります。

観客動員数が1万人でも収容人数が1万人であれば満員となり、

会場の雰囲気は最高です。

逆に収容人数が6万人規模であれば、1万人の観客動員数だと、

単純計算で6席に5席は空席になるため、なんだか寂しい雰囲気になってしまいます。

Jリーグでよく見られる空席の感じがそうですね。。

イングランドのサッカーの歴史は古く、スタジアムも街中にあり、

すぐ横に家が建ってるような光景はいたるところで見受けられます。

街に溶け込み、人々の生活の一部になっているのが感じられます。

今回はプレミアリーグ(2018/2019シーズン)のスタジアムの収容人数を

ランキング形式でまとめてみました。

※キリの良い数字に四捨五入しています。

 

20位:Bournemouth – Dean Court -12,000人

19位:Watford – Vicarage Road – 21,600人

18位:Burnley – Turf Moor – 22,500人

17位:Huddersfield Town – McAlpine Stadium – 24,500人

16位:Crystal Palace – Selhurst Park – 25,500人

15位:Fulham – Craven Cottage – 25,700人

14位:Cardiff City – Cardiff City Stadium – 27,800人

13位:Brighton and Hove Albion – Falmer Stadium – 30,700人

12位:Wolverhampton Wanderers – Molineux – 31,700人

11位:Leicester City – Walkers Stadium – 32,300人

10位:Southampton – St. Marys Stadium – 32,500人

9位:Everton – Goodison Park – 39,600人

8位:Chelsea – Stamford Bridge – 41,800人

7位:Newcastle United – St James Park – 52,400人

6位:Liverpool – Anfield – 54,000人

5位:Manchester City – City of Manchester Stadium – 55,100人

4位:West Ham United – London Stadium – 60,000人

3位:Arsenal – Emirates Stadium – 60,300人

2位:Tottenham Hotspur – White Hart Lane – 62,000人

1位:Manchester United – Old Trafford – 75,000人

 

※England – Wembley – 90,000人

 

プレミアリーグの各チームの人気に伴い、

アーセナルとトッテナムが新スタジアムを建設し(トッテナムの新スタジアムは2019年から)

リヴァプールは席を増築しました。

トッテナムは2017年5月までの旧スタジアムの収容人数は、

36,200人だったため、約24,000人増となります。

トッテナムの平均チケット金額は約£50(¥7500円)のため

リーグ戦のホーム試合のみでも、1年間で

19試合×¥7500円×24,000人=34億2000万円

の増益が見込めます。

人気クラブならではの観客収入ですね!

 

近代的な大型のスタジアムもカッコいいですが、

小さくてこじんまりとしたスタジアムも味が出てて良い雰囲気を醸し出しています!

 

ちなみに今回のトップの画像や以下の画像はフルハムのスタジアム「Craven Cottage」です。

 

この時の試合は、セルティックとのプレシーズンマッチでしたが、

かなりのお客さんが入っていました。

そしてピッチとのこの近さ!!↓

(当時、セルティックには中村俊輔選手と水野晃樹選手が在籍していました↓)

 

スタジアムの入り口は住宅街の壁の一部に溶け込んだ感じです。

本当に「え、ここから入んの?!」と思います↓

 

さらには「そこ上るかね!!」って突っ込みたくなるサポーターもいましたw↓

 

スタジアムの規模は小さくてもその街のアイコンでありマスコットであり、

生活の一部に溶け込んでいるスタジアムは何か格別なものを感じます。

その街の人口に適したサイズだからこそ、長い歴史の中でも

確実な経営をする事ができるのだと思います。