プレミアリーグの優勝トロフィー概要とトロフィーツアー

2018/2019シーズンのプレミアリーグは過去最高の首位争いで大いに盛り上がった。

優勝したマンチェスター・シティが勝ち点98

2位のリヴァプールが勝ち点97(この勝ち点は歴代のプレミアリーグで3位の記録)

と僅か勝ち点1差の大熱戦だった。

 

最終節を勝利で飾り、主将のコンパニが掲げた優勝トロフィーはどこがデザインしているのか?

気になっている人もいるのではないか。

筆者も前々からこのようなトロフィーやカップはどこがデザインしているのか興味があった。

そんな中、偶然にも間近でプレミアリーグの生のトロフィーを見るキッカケがあったので

プレミアリーグのトロフィーについてまとめてみた。

 

本物とレプリカの2つのトロフィーが存在

今年のように最終節、しかも同時刻キックオフの試合で優勝が決まるようなシーズンがあるが、

どちらの会場にもトロフィーを用意できるように本物とレプリカの2つが存在する。

一つは、昨年の優勝クラブが保有し、もう一つはロンドンにある本部に用意されているらしい。

2011-2012シーズンで同じように最終節でマンチェスター・ユナイテッドとシティが

優勝を争った時に造られたもののよう。

 

プレミアリーグ・トロフィー概要

CROWN(王冠)BODY(本体)BASE(土台)の3つから構成されている。

『サイズ』

高さ:76cm

幅:43cm

奥行:25cm

 

『重量』

BODY:10kg

BASE:15kg

合計:25kg ※土台の方が小さいのに遥かに重い

 

『素材』

CROWN:24 KARAT GOLD

BODY:SOLID SILVER(純銀)

BASE:MALACHITE(マラカイト 緑色の孔雀石)

 

『リボン』

BODY側から外側に向かって

ソックス、パンツ、ユニフォームの順に3色のリボンが両サイドに付けられる。

 

Premier League Trophy Tour

トロフィーを生で見たい!という方には、トロフィーツアーがおすすめだ。

『Premier League Trophy Tour』という、トロフィーと一緒に写真を撮れるイベントが

全国をまわっているので、タイミングが合えば誰でも間近で見る事ができる。

これがなかなかエンターテインメント性に富んだイベントとなっており、

これを目当てに来る観光客も大勢いる。

イベントの動画はコチラ↓

 

◆トロフィーブース

好きなクラブが優勝する事を願い、タオルマフラーやフラッグを掲げて写真撮影

◆ゲームブース

好きなクラブを使って自由に対戦

◆実況ブース

名シーンの実況アフレコ

◆コカ・コーラ

ツアースポンサーのコーラが配られている

 

本物のプレミアリーグ・トロフィー

筆者が行った時には、屋外のイベント会場から、なぜかショッピングモールの中の

本屋に移動されていた。

もちろんトロフィーに触れる事はできない(怖めのガードマンがいる)が、接近する事はできる。

裏側に回り、シルバーの刻印を接写したのが下の写真↓

『Asprey』という刻印が入っている。

これがプレミアリーグのトロフィーをデザインするジュエラーの名前である。

 

写真だと反射してしまうため、きれいに撮るのは難しいが、

生で見るとその大きさと輝きは別格である。

もしタイミングよく近くの街に来た際は、ぜひ足を運んでみて欲しい。

 

『Asprey』に関しての記事は近日公開予定。

実際にロンドンにある本店にも行ってきた。