Southampton Solent University ~Football Studies~

海外の大学(大学院)でサッカー関連のコースを受講したい!

と言う大学留学希望者が増えてきているため、イギリスのサッカーに関わるコースを受講できる

大学(大学院)を紹介するコーナーをつくりました。

※年によって、入学条件や授業内容などが変わる事がありますので、

大学(大学院)留学を検討される方は、事前にお問い合わせください。


今回は、サウサンプトンにある、Southampton Solent Universityについてご紹介致します。

こちらの学校で学べるサッカーコースは

Football Studies』 (Undergraduate)

「サッカー(フットボール)学」(大学)

英語レベル:IELTS 6.0 with minimum 5.5 in each component

期間:3年間

資格:BA (Bachelor of Arts) 文学士号

 

Football Business Management』(Undergraduate)

「サッカー(フットボール)ビジネスマネジメント」(大学)

英語レベル:IELTS 6.0 with minimum 5.5 in each component

期間:3年間

資格:BA (Bachelor of Arts) 文学士号

 

MSc Football Science』(Postgraduate)

「サッカー(フットボール)科学」(大学院)

英語レベル:IELTS 6.0 with minimum 5.5 in each component

期間:1年間

資格:MSc (Master of Science) 理修士号

 

MSci Football Science』(Undergraduate & Postgraduate)

「サッカー(フットボール)科学」(大学&大学院)

英語レベル:IELTS 6.0 with minimum 5.5 in each component

期間:4年間

資格:MSci (Master of Science) 理修士号

 

在学生や卒業生は、下記のような組織やクラブでインターンや就職をしています。

※年によってインターン先は変わりますので、あくまでも過去の実績です。

The Football Association
The Premier League
Manchester United FC
Arsenal FC
Chelsea FC
Manchester City FC
Tottenham Hotspur FC
Birmingham City FC
Watford FC
Newcastle United FC
West Ham United FC
Charlton Athletic FC
Millwall FC
Crystal Palace FC
Portsmouth FC
Reading FC
Southampton FC
Major League Soccer (USA)

 

(より具体的な授業内容など、ソレント大学の留学生インタビューはコチラ

 

サウサンプトンはイングランドの南西部に位置し、ロンドンからサウサンプトン中央駅

(Southampton Central Station)までは電車で約1時間半です↓

サウサンプトン・ソレント大学までは、サウサンプトン中央駅から15分程で

サウサンプトンFCの本拠地であるセント・メアリーズスタジアムからは10分程です。

(赤いピンがサウサンプトン・ソレント大学)↓

 

大学全体のマップはこちら↓

校舎の中に入ると、名物のオブジェがど~んとお迎えしてくれます↓

 

サッカーやスポーツの授業で使う教室は、こちらです↓

大小さまざまな種類の教室があります。

日本のように先生が一方的に話し、それを学生が聞くスタイルではなく、

学生も一緒に考え、みんなが意見を言うスタイルのため、

基本的に椅子の配置は円を描くような造りになっています。

 

こちらは、特別講師などの話を聞く、セミナールーム(講堂)↑

 

廊下には提携しているサウサンプトンFCのユニフォームが飾られています↓

こちらの棟にもスポーツサイエンス用のジムがありますが、

今回は、昨日オープンしたばかりのトレーニング専用施設

を見学させて頂きましたので、こちらを紹介したいと思います。

一度、メインの校舎を出て、すぐ横にあるのが、こちら。

トレーニング専用施設「Solent Sports Complex」↓

この6階建てのビルの全てがスポーツ施設になっています↓

 

フロアガイド(各階の説明)↓

気になるのがジムとスタジオの数(スタジオもトレーニングジムに変わりありません)

ですが、1階から見ていきましょう。

 

1階には、観客席付きのバスケットコートとバドミントンやハンドボール用の体育館もあります。

 

2階には「Solent gym」があります↓

 

3階には「High performance gym」↓

トレーニングしながら走り方を矯正するのか、ジム内にコースが設けられていました。

 

また、3階にはもう一つのトレーニング施設「Gym cycling studio」もあります↓

そして4階には「Teaching gym」があります↓

このジムは半分が教室になっていたので、トレーニングと講義が同時に

受けられるようになっています。

フットボール科学やスポーツ力学などもここで学べるようになるのかと思います。

それにしてもこれだけ細かくセグメントされたジム(環境)を用意するとは

本当に驚きです。

日本の体育学部をもつ大学のジムを使った事がありますが、狭い、サビてる、空気悪い、

そして順番待ちの連続でした。

・Solent gym ➡ 学生用ジム

・Teaching gym ➡ 指導用ジム

・High performance gym ➡ 優秀なアスリート用のジム

・Gym cycling gym ➡ 自転車(有酸素)専門ジム

ハイパフォーマンスジムは、最初はより高度なトレーニング器具があるのかと

思っていましたが、ほとんど他と変わりがなかったので、

恐らく優秀なアスリートが動作確認含め、時間のロスなくトレーニングに

専念できるように用意されているものかと思われます。

 

5階には「fitness studio」がありますが、日本のジムでいうスタジオ(ボクササイズ)

のような部屋です。

ちなみに、このような景色を見ながらトレーニングができます↓

 

これだけスポーツのために特化した施設を見たのはここが初めてでした。

今後、この施設を利用した授業やトレーニングを受けた学生が毎年のように輩出される

ことを考えると、日本は間違いなく遅れていくなと実感してしまいました。。

 

こちらの学校では、他にも下記のような

MA Sports Broadcast Journalism

BA Sport Journalism

ジャーナリストやライターになる方向けのコースもあります。

 

現在、サウサンプトン・ソレント大学の「Football Studies」を学ばれている

留学生のインタビュー記事はコチラ

 

大学(大学院)留学にご興味ある方は、