UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League)について

UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League)について簡単にまとめました。

UEFAに加盟している55協会の代表チームが参加する大会。

初大会は、今年の2018-2019大会(以降はW杯とEUROのない隔シーズンに開催される)で

次回は、2021-2022大会となっている。

 

大会方式:UEFAランキングによって

最上位リーグをA(12チーム)とし、

以後、B(12チーム)C(15チーム)D(16チーム)と

4つのリーグに分けられる。

A~Dの各リーグをさらに4つのグループ(1~4)に分けられる。

各リーグ内のグループ1位どうし(4チーム)によってプレーオフ(トーナメント)

が行われ、優勝チームが決定する。

A~Cの各グループの最下位は、次大会から下位リーグに降格

B~Dの各グループの首位は、次大会から上位リーグに昇格

 

<UEFAの狙い>

これまでの各国リーグ戦の合間に行われるフレンドリーマッチでは

強豪チームどうしの対戦においても本気度が下がってしまう傾向があり

観客動員数の減少にも影響していた。

基本的に、ファンもワールドカップ予選やユーロ予選ではない各国の試合は

会場に足を運んでまでは見たくないと考える傾向にある。

ランキング上位チームと下位チームの対戦であればなおさらのことである。

各クラブチームからもフレンドリーマッチの意味について長く議論されていた。

(選手のサラリーはクラブが出している。怪我をされたら困る。など)

そんな中、こういった状況を改善していくために

今年から開催されるのがUEFAネーションズリーグである。

注目ポイントは、ランキングによって分けられたチーム同士の戦いに

なるため、毎試合が好カードになること。

そしてこの試合が単なるフレンドリーマッチではなく、

翌年のワールドカップもしくはユーロへの出場権がかかっているため、

真剣勝負の戦いであること。

ランキング下位の国にも本選に参加できる可能性が出るため

ヨーロッパ全体のレベルの底上げにもつながる。

(これまでランキング下位のチームは、予選ではほぼ間違いなく上位国との

対戦があるため本選に出場することは不可能に近かった。)

今年が初開催となる、UEFAネーションズリーグ、どの国が優勝するのか。

また、どの国がユーロ本選へのサプライズ国となるか注目してみたい。

※先日はイングランドがスペインを撃破し、イングランドメディアは大盛り上がりでした!

留学中の方、これから留学される方、

一度スタジアム観戦に行ってみてはいかがでしょうか!?

 

<追記>

準決勝の組み合わせは、

ポルトガル – スイス (3-1)

オランダ – イングランド (3-1)

準決勝、決勝はポルトガルで開催される。

 

決勝の組み合わせは、

[ポルトガル] – [オランダ] に決まりました。

日本時間で2019年6月10日の03:45 Kick off

決勝の会場はFC PORTOの [ Estádio do Dragão, Porto ]

Estadio do Dragao | Santi Villamarín | Flickr