イングランド女子サッカー留学 ~留学説明・トライアル・クラブ登録・留学生活~

イングランド女子サッカー留学の留学準備からイングランドでのトライアウトやクラブ登録、留学生活を現在留学に来ている選手を参考に紹介します。

留学準備

イングランド女子サッカーリーグに挑戦されているのは元なでしこリーグ1部の平國選手。渡英までに何回か対面の留学説明とオンラインミーティングを行いました。

留学時期と期間、ビザの種類、サッカーチームに関して、語学学校、宿泊先など、サッカー留学は決めていく項目が多岐に渡ります。サッカー留学に対する目的や優先順位は人それぞれ違うので、なるべく多くの要望に応えられるよう細かくヒアリングさせて頂きます。

プロフィールシートとプレー動画

プレー動画を入れた英文のプロフィールシートを作成して現地クラブに送ります。すでにいくつかのクラブと直接話をつけていたため、問題なく練習参加もその後の登録も可能と返事をもらいました。練習参加と登録はある程度の選手は可能ですが、プロフィールシート、特に動画は有るに越したことはないです。
※プロフィールシートの作成方法はコチラ

留学決定後は海外保険やイギリスで使える携帯電話SIMカードなど生活に関わる細かな説明や準備を進めます。
平國選手の渡英時には渡英後のPCRテストの予約やロケーターフォームの入力も必須でした。

イングランド女子サッカー留学生活

イングランド到着

空港に到着したら弊社の日本人スタッフがお迎えし、宿泊先の弊社シェアハウスまで車で移動しました。(ホームステイご希望の選手はホームステイ先まで帯同し挨拶をします。)

イングランド3部クラブ練習参加

最初に練習参加したのはイングランド女子サッカー3部リーグのクラブです。事前に動画を見ていたこともあり、練習後は早速、監督から登録をしたいと話がありましたが、もう1つ別のクラブの参加もスケジューリングしていたため一度保留とさせて頂きました。

※イングランド女子サッカー3部の詳細はコチラ

イングランド4部クラブ練習参加

続いて練習参加したのはイングランド女子サッカー4部リーグのクラブ、「アクトニアンズ女子チーム」です。参加前からチームに欲しいと言ってくれていたクラブですが、練習強度や監督の考え、チームの雰囲気を知るためにも一度練習に参加させてもらいました。

アクトニアンズのキャプテンのウォード選手はニュージーランド女子代表にも選出されていて、先日のシービリーブズカップにも代表召集されています。

3部のクラブは同じリーグにプロのサウサンプトン女子チームがいたり、練習日数も4部より多いなど悩まれるところも多かったみたいですが、4部クラブの昇格を目指すチームの雰囲気や練習で得たフィーリングを元に4部のアクトニアンズへの加入を決めました。


※イングランド女子サッカー4部『アクトニアンズ』の紹介はコチラ

インターナショナルクリアランス

日本人選手がイングランド女子サッカーリーグでプレーするにはインターナショナルクリアランス(International Clearance)の登録が必要になります。弊社がクラブと選手の間に入り進めていきます。クラブ側の手続きのスピードも速く、僅か1週間程で登録が完了しました。
※インターナショナルクリアランスに関してはコチラ

公式戦デビュー&初ゴール

登録完了後すぐに公式戦デビューを飾り、デビュー戦でいきなりの初ゴール、チームも逆転勝利と最高の雰囲気でチームの心をがっちりと掴みました。

その後もスタメン出場とゴールを重ねています。残りのシーズンの活躍も期待しています。

サッカープライベートレッスン

渡英後、コンディションを調整するためにもプライベートレッスンを体験してもらいました。この日は高校男子の留学生と共にチェルシーのコーチから指導を受けました。

ボールを使いながらもフィジカル、アジリティトレーニングが随所に組み込まれたメニューが多く、試合に近いコンディションでプレーすることを考えられています。それに加えてイングランドならではの冬の粘土質のピッチ。さすがに疲れたそうです。
※プライベートレッスンの詳細はコチラ

サッカー指導アシスタント

平國さんはセカンドキャリアを考えた上での留学ということもあり、プレーヤーだけでなく弊社の少年サッカークラブの指導アシスタントもしています。学びに貪欲な平國さんの吸収力は高く、コーチからの信頼もとても厚いです。人に教えることで改めて自分が気付けることも多いので良い機会になってます。練習前後はこのグラウンドで自主練もしています。

サッカー試合観戦

渡英してまだ2ヶ月ですが、海外サッカーを見るのも好きな平國選手は早くもプレミアリーグやFAカップの試合に足を運んでいます。

イングランド女子サッカー1部リーグ(FAWSL)観戦

イギリスに到着した数日後には早速、イングランド女子サッカー1部リーグ『FAWSL』の試合を観戦しました。現在、FAWSLには岩渕真奈選手と長谷川唯選手が所属しています。

ロンドンダービーのトッテナムホットスパー女子vsウェスト・ハム・ユナイテッド女子の試合は試合終了間際にアウェーのウェスト・ハム・ユナイテッドが追い付き、1-1のドローとなりました。

【試合当日のトッテナム・ホットスパーのウォーミングアップの様子】

FAカップ観戦

マンチェスター・シティファンとのことで、渡英後1ヶ月でマンチェスターのエディハドスタジアムにも行かれました。

FAカップのマンチェスター・シティvsフラムを観戦。先制されるも自慢の攻撃陣が爆発して4-1で勝利。初シティ観戦は最高の体験でした。

プレミアリーグ観戦

プレミアリーグのウェスト・ハム・ユナイテッドvsニューカッスル・ユナイテッドも観戦。

こちらは弊社にてチケットを手配しました。試合は1-1の引き分けでした。

女子チャンピオンズリーグ観戦

こちらも弊社でチケットを手配し、アーセナルvsヴォルフスブルクとの準々決勝を観戦。アーセナル男子の本拠地であるエミレーツスタジアムの良席を堪能しました。

語学学校

セカンドキャリアを考えた上で、英語を習得するため語学学校にも通われています。

もっと学びたいという想いから3ヶ月の予定だった英語の授業を現地で5ヶ月に延長しました。とにかく何事にも積極的です。

最後に

これらの学校やクラブチーム、サッカー指導のグラウンド、宿泊先はどれもロンドンの西側にまとまっています。移動時間が長いと余計なストレスがかかってしまう為、それぞれの距離をなるべく近付けるようにしています。
ロンドン西部はロンドンの中でも安全な地域であり、日本食レストランや日系の食料品を購入できるお店もあるのでとても生活がしやすい場所です。

冒頭でもお伝えしたように、サッカー留学は選手によって目標も違いますし、生活する上で考慮するべき項目もたくさんあるので、留学を考え始めたらなるべく早く動き出すことをお勧めします。
※平國選手のブログ『瑞希マーク』はコチラ


女子サッカー選手移籍、イングランド女子サッカー留学、練習参加を考えられている方は

または、公式LINEアカウント
モバイル:【@966xtdsg】
PC    :【https://page.line.me/966xtdsg
からメッセージください。
友だち追加